きたろーの酒ノート

酒は心の旅路なんだぜ

「はだか麦焼酎 宝泉坊」

タイトルでネタバレしてますが、今日は麦焼酎の紹介です! 愛媛県が生産量日本一を誇るという「はだか麦」を原料に使用し、 常圧でじっくりと蒸留されたこだわりの麦焼酎ということです。 今回は常温保存したものをストレートで頂いてみようと思います。グラ…

レマコムが家にやってきた!(後編)

〜前回のあらすじ〜 かねてから「要冷蔵」の日本酒の保管場所に頭を悩ませていたきたろーだが、 ある日ついに決心して日本酒保管用の冷凍庫を購入することにしたのだった。さて、レマコムRRS-100NFが我が家にやって来てから一晩があけた今日の朝、 設置して…

レマコムが家にやってきた!(前編)

今まで要冷蔵の日本酒を買っては家庭用冷蔵庫に食料品と一緒に保管していたが、 日本酒の量が次第に増えるに従って食料品のスペースを段々と圧迫してきたため、 この度レマコムの三温度帯冷凍ストッカー(100リットル)を導入することにした。レマコム株式会…

一眼レフと私

お題「カメラ」普段はiPhone7のカメラを主に使っている自分だが、一眼レフも一応持ってます。 Panasonic DMC-GH4とPanasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4の組合せ。 (普段はレンズフードを装着しているが、写真写りを考えてこの時は外してみた)こんな感じ…

「清酒 上撰豊の寒梅」

今日は大分県・藤居酒造株式会社さんが醸す「清酒 上撰豊の寒梅」の紹介です。 私の行きつけの遠州屋酒店(横浜市鶴見区)で販売されている定番商品の一つで、 JR鶴見駅西口エリアの多くの飲食店・市内の味奈登庵各店に卸されているそうです。「これってただ…

「田酒 純米大吟醸」

西田酒造店さんが醸す人気銘柄「田酒」の純米大吟醸を入手しました。 田酒の純米大吟醸にはかなり沢山のバリエーションがあるのですが、 これは一番スタンダードな物になります。それでは早速紹介していきます。お猪口に注いで鼻を近づけると、林檎・桃を思…

「お酒を楽しんでいる人のブログって楽しいよね」っていう話。

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」ブログを始めたきっかけが「お酒について書きたかったから」なので、 自分がブログを書きたくなるのはやはり「お酒を飲んだとき」が多い。しかし、「お酒を飲んだときにブログを書く」とは言っても、 「このお酒…

「田酒 特別純米酒」

青森の田酒と言えば、山形の十四代・三重の而今・福島の飛露喜などと並んで、 入手しづらい日本酒の筆頭に挙げられるような所謂「プレミアム銘柄」ですが、 先日、近所の酒屋さんで常識的な価格で販売されているものを入手できました。 せっかくの機会なので…

「鶴の友 純米酒」

「鶴の友」と言えば、知る人ぞ知る新潟地酒の横綱のような存在で、 蔵元の強い地元志向のために生産量のほとんどが地元で消費されるという、 首都圏ではなかなか入手しづらい新潟酒の代表のようなお酒だったのだが、 近ごろでは東急百貨店で取り扱いが開始さ…

「飛露喜 純米大吟醸」

先日、運よく飛露喜の純米大吟醸を入手したのでブログで紹介しようと思います。 冷蔵庫でキンキンに冷やした瓶を開栓して、グラスに注いで匂いを嗅ぎます。上立ち香は、皮を剥いたリンゴやイチゴを思わせる甘く爽やかな香り立ち。 口に含むと、イチゴのよう…

「吟醸 松乃井(2)」

時々、無性に飲みたくなるお酒というものがあります。 鶴の友の上白、越乃寒梅の特醸酒といったお酒と並んで、 私が時々飲みたくなるお酒の一つがこの「吟醸 松乃井」です。 松乃井酒造場さんのお酒は個人的にはどれも好きなのですが、 中でもこの吟醸は透明…

「國香 純米大吟醸 斗瓶囲い生」

静岡出張の折に㈲篠田酒店さんで購入した静岡の銘酒「國香」を頂きました。 お猪口に注いで匂いを嗅ぐと、ほんのりマスカットのような爽やかな香り。 飲み口は+7.0という日本酒度に由来するすっきりとした端正な味わいで、 瑞々しい口当たりと鼻に抜けていく…

「志太泉 純米大吟醸」

昨日、静岡出張の折に清水の有名地酒店「㈲篠田酒店さん」に立ち寄り、 静岡県の地酒をいくつか購入してきました。その内の一つがこちら。以前、志太泉の純米酒を頂いてかなり好印象だったので期待が膨らみます! お猪口に注いで匂いを嗅ぐと、むきたてのリ…

「松乃井 特別純米酒」

松乃井酒造場が地元・十日町産の酒米「たかね錦」を原料に使用し、 55%精米で特別純米酒として仕上げられたスペシャルなお酒がこちら。 JR新潟駅にあるお酒ミュージアム「ぽんしゅ館」で飲めることなどもあり、 松乃井の新たな定番商品の一つとして、知名度…

「Takachiyo59 CHAPTER VIII IPPON-OMACHI」

今日は『Takachiyo59シリーズ』のChapter VIIIをゲット! 冷蔵庫でよく冷やしたものをさっそくグラスに注いで頂きます。 匂いを嗅いでみるものの、吟醸香はそこまで強く感じられない。 口当たりはサラリと爽やか。パパイヤ・マンゴー的なフレッシュな甘味と…

「松乃井 純米大吟醸 凌駕」

久しぶりの更新になりました、今回は松乃井の純米大吟醸「凌駕」の紹介です。 こちら新潟県産・有機栽培の越淡麗を100%使用したというこだわりの酒! 冷蔵庫で冷やして早速グラスに注いで頂くと、松乃井らしい爽やかな飲み口、 すっきりしていてキレの良い…

「全麹仕込麦焼酎 月心」

食欲の秋。日増しに涼しくなり、すっかりお酒も美味しい季節となりました! そんな本日は大分県日田市の老松酒造株式会社さんが造る特約店限定麦焼酎、 「全麹仕込麦焼酎 月心(げっしん)」について紹介していきたいと思います! 漆黒のボトルに和紙のラベ…

「松乃井 純米吟醸」

緑のスリガラスのボトル・シンプルながら洗練されたラベルデザイン。 落ち着いた佇まいから、そこはかとなく漂う「旨い地酒」の雰囲気…。 ということで本日はこちら、松乃井酒造場の純米吟醸を紹介したいと思います。 山田錦の50%精米ということで純米大…

「松乃井 SUPER本醸造」

今回の記事は、近年の松乃井酒造場を象徴する商品の一つ、 「松乃井 SUPER本醸造」について紹介していきたいと思います。 (画像は500mlボトル) 外国製リキュールを思わせる、洗練されたお洒落な印象のブルーのボトル、 「ふーん、でもデザインは意識高いけ…

「吟醸 松乃井」

本日紹介するのは新潟県十日町市の松乃井酒造場さんの「吟醸 松乃井」です。 松乃井酒造場さんの吟醸酒は2種類あり、こちらは火入れバージョンとなります。 綺麗なエメラルドグリーンの瓶に、金色に輝く松が描かれた美しいデザイン。 この「吟醸 松乃井」、…

「長期貯蔵麦焼酎 麹屋伝兵衛」

本日は大分県日田市・老松酒造株式会社の長期貯蔵麦焼酎「麹屋伝兵衛」の紹介です。 老松酒造さんの代表的商品であるこの麹屋伝兵衛、前回記事の「麦焼酎 閻魔」 の 上位互換とも言えるスペックで、厳選した大分県産の高精白の二条大麦を原料に 常圧蒸留と減…

「麦焼酎 閻魔」 極上和製スピリッツ!

本日は大分県日田市の老松酒造株式会社さんの麦焼酎「閻魔」の紹介です! こちらの閻魔、大分県産の二条大麦と麦麹を原料に仕込んだ常圧蒸留と 減圧蒸留の原酒を絶妙にブレンドし、樫樽で3年以上熟成させることで、 ウイスキーのようなアロマと深い味わいを…

「松乃井 吟醸生」

本日は新潟県十日町市の松乃井酒造場さんの「松乃井 吟醸生」の紹介です。 リーデルの大吟醸グラスに注いで匂いを嗅ぐと、瑞々しい林檎のような、 甘いミカンのような、フレッシュでかつ華やかな吟醸香を感じます。 口当りはすっきりしていてスルスル飲める…

「赤芋仕込み ひむか寿」

本日は宮崎県串間市の寿海酒造株式会社さんが作る芋焼酎、 「赤芋仕込み ひむか寿」を紹介していきたいと思います(^o^)/ この「赤芋仕込み ひむか寿」は宮崎県産の赤芋(宮崎紅)を100%原料に使用し、 蔵の敷地に湧き出る天然湧水を仕込み水として白麹仕込…

「松乃井 普通酒」

日本屈指の豪雪地帯、そして米どころとしても知られる魚沼地方。 松乃井酒造場は魚沼の西部に位置する、十日町市にあります。 本日はそんな松乃井酒造場さんが醸す、「松乃井 普通酒」の紹介です。 こちらの普通酒は松乃井酒造場の総生産量の実に6割以上を…