「Takachiyo59 CHAPTER VIII IPPON-OMACHI」

今日は『Takachiyo59シリーズ』のChapter VIIIをゲット!
冷蔵庫でよく冷やしたものをさっそくグラスに注いで頂きます。
匂いを嗅いでみるものの、吟醸香はそこまで強く感じられない。
口当たりはサラリと爽やか。パパイヤ・マンゴー的なフレッシュな甘味と酸味。
余韻に生酒特有の果実感がジワリと広がってくる。甘味が上品でいい感じ。

(開栓2日目)
グラスに注いで匂いを嗅ぐとほのかに甘い柿(?)のような香り。
口に含んだ感じは昨日よりもまろやかで柔らかく変化している。
ほどよい甘味と涼しげな香りが、心地よく鼻に抜けていく。
ジューシーな味わい、後味に残る芳醇な香り。いいじゃない!
開栓後に右肩上がりに旨くなっていく気配を感じたものの、
500mlと少し量が少なかったこともあり、2日で飲みきり(笑)
シリーズの他の作品も飲んでみたいと思わせる美味しいお酒でした!

f:id:kitarofan:20171023182917j:plain

f:id:kitarofan:20171023182907j:plain

f:id:kitarofan:20171023182857j:plain

このお酒のスペック表はこちら

名称 Takachiyo 59 CHAPTER VIII IPPON-OMACHI 純米吟醸 無調整生原酒
内容量 500ml
精米歩合 59%
原料米 雄町22.5%、一本〆77.5%
アルコール度数 16度
日本酒度 不明
酸度 不明
酵母 協会1801
醸造元 高千代酒造株式会社