きたろーの酒ノート

酒は心の旅路なんだぜ

「伊予賀儀屋 純米吟醸無濾過生原酒 松山三井 黒ラベル」

f:id:kitarofan:20190222212400j:plain

f:id:kitarofan:20190222212349j:plain

「伊予賀儀屋さんのお酒を前回ブログで取り上げたのはいつだったかな?」
とブログを読み返してみましたが自分の記憶違いだったようで今回が初登場でした。

このお酒はいわゆる新酒ではなく29BYで、今月(31年2月)に瓶詰・出荷されたもの。
蔵元でじっくりと熟成され、満を持してリリースされる数量限定商品ということです。

f:id:kitarofan:20190222212338j:plain

いつものリーデル大吟醸グラスでいただきます。
上立ち香はメロン、青リンゴ、青い未熟なバナナといった印象。
口当たりは少し粘度のあるようなとろりとしたテクスチャーを感じます。

口に含んだ瞬間の飲み口は非常にスッキリしていて非常に好感が持てますが、
口の中で転がしてから飲み込むと後口にかけて非常に豊かな味わいが広がります。
最初にスッキリした甘旨味が来て、後から酸味と苦味の余韻がじんわりと来て、
良い感じに全体の味わいを引き締めている印象です。コレはうまいわ…。

すっきりしていて飲みやすく心地よく酔えるので飲みすぎ注意ですね😊
原酒なのでアルコール度数はそれなり(17.5%)にありますし…(笑)