きたろーの酒ノート

酒は心の旅路なんだぜ

「豊久仁 純米責め生原酒」

f:id:kitarofan:20190312195209j:plain

f:id:kitarofan:20190312195157j:plain

福島県会津坂下町の豊圀酒造合資会社さんの「豊久仁純米責め生原酒」の紹介です。
以前ブログで紹介した「豊久仁 本醸造初しぼり無濾過生原酒」が素晴らしい出来で、
そのインパクトがあって豊久仁は(個人的に)注目度急上昇中の銘柄のひとつです。

蔵の地元である会津坂下町で契約栽培された「夢の香」の特等米を原料に使用し、
蔵元杜氏と蔵人たちが槽搾りでじっくりと手を掛けて醸したお酒ということです。

それでは早速リーデル大吟醸グラスに注いで頂いてみることにしましょう。
上立ち香は、メロン、またはグレープフルーツの果皮のフレッシュな香り。
口に含むとスッキリと透明感のある飲み口で、瑞々しさが口の中で弾けます。
意外にも(?)すっきり爽やかで品の良い味わい…。いたってきれいなお酒。
「責め」と言うのでラフな酒質を想像してたら良い意味で裏切られました(笑)
でも、こういう風に良い意味で想像を裏切られるのなら大歓迎っすね!

豊久仁いいな〜 こういう良酒を飲むと他のシリーズも飲んでみたくなります。
「その蔵の他のお酒を飲んでみたくなるかどうか?」って結構重要ですよね。
「その蔵の他のお酒も飲みたくさせるようなお酒」を作っているかどうかは、
「良い酒蔵」の条件の一つなんじゃないかなと思っている自分が居ます。
こういう生原酒ってその酒蔵の個性が良くも悪くもダイレクトに出ますから、
好き嫌いはあるけどハマる人はハマるから、コアなファン層を開拓できるはず。



↓以前書いた豊久仁の記事です。こっちもよろしくね。
sakenotes.hatenablog.jp