きたろーの酒ノート

酒は心の旅路なんだぜ

「村祐 常盤ラベル 亀口取り 無濾過本生」

f:id:kitarofan:20190420043113j:plain

f:id:kitarofan:20190420043104j:plain

村祐常盤ラベルの季節限定酒「亀口取り」をゲット!
結構いい値段だったけど「限定」に弱い自分にはためらいは無かった…笑

レマコムでよく冷やしたお酒をリーデル大吟醸グラスで頂きます。
匂いを嗅ぐと、うーん、これは…清々しいマスカットのような香り!

香りですでに爽やかな味わいを予感させられますが、続いてゴクリと。
口当たりは、香りの第一印象の通りすっきりと透明感のある飲み口で、
ドイツの甘口白ワイン「アウスレーゼ」を思わせる上品な甘酸っぱさ。
そして味わいが良い意味で軽い!しぼりたての生酒らしいフレッシュさ。
アルコール度数は16度だけど、軽快で気安くスイスイ飲めちゃいますな。
ノーマルの「村祐常盤ラベル」よりアルコール度数が高いのに飲みやすい。

いや〜うまいなコレ…。氷温熟成でどんな感じになっていくのだろうか?
しばらくレマコム で寝かせて経過を観察してみたいお酒の一つです。


↓村祐常盤ラベル(無印)の過去記事はこちら!
sakenotes.hatenablog.jp