きたろーの酒ノート

酒は心の旅路だぜ

「白木久 純米酒 無濾過一火原酒 vibrant」

f:id:kitarofan:20191111205329j:plain

f:id:kitarofan:20191111205341j:plain

横浜駅クイーンズ伊勢丹お酒売り場で変わったお酒を見つけました。
今回は京都府京丹後市の白杉酒造さんの「ブラックレーベル」シリーズより
「vibrant 〜ヴィブラント〜」を紹介していきたいと思います。
こちらは京丹後産のコシヒカリを全量使用した60%精米の純米酒となります。

白杉酒造さんは仕込みに酒米を使わず全量飯米使用の蔵元さんとして有名で
特に地元である京丹後産の米にこだわって酒造りをされているそうです。
「ブラックレーベル」というのは黒麹仕込みの酒母に由来するのだとか。
こういう「ローカル」にこだわる地元重視のスタンスの蔵元さん、自分は好きです。

まあそんな説明はさておき、さっそく味わってみたいと思います。
開栓しようとキャップに手をかけたら「プシューッ」と元気にガスが漏れてきました。

上立ち香は控えめですがほんのりとしたパイナップル・リンゴ的な香り。
甘味・旨味・酸味・苦味がうまい具合に調和していますが、味わいで特徴的なのは
キリッとした苦味を伴いつつ口の中にじんわり長く余韻が残るジューシーな酸味。
タイプで言うと「濃醇」系のお酒になるかな?麻婆豆腐を食べながら飲みましたが、
こってりとした味わいの料理、特に中華なんかとは非常に相性が良いかと思います。
お酒単体で楽しむものというよりは「食中酒」として食卓を彩るお酒でしょう。
燗をすると苦味・酸味が後退して甘味・旨味がより強調されて良い感じです(^-^)

飯米のお酒という事で価格も手頃でしたし、常温で熟成させると面白そうです。
この「ブラックレーベル」の他のラインナップも試してみたくなりました。